今日必須の自転車保険

スマホなど小型通信機器の発達と、それらの所有者の低年齢化の影響も大きく、近年自転車運転のマナーの劣化と危険運転が目に余る現状なのは、皆さんも痛切にお感じの通りです。加えて一昔前までは、例えば自動車と自転車の衝突の場合、有無を言わさず自動車のドライバー側の罪を問う価値観が一般的でしたが、昨今はその限りでは無く、自転車側のルール違反を厳しく裁く傾向が顕著となっているのも周知の事実です。一昔前とは違い、子供達に「車に気をつけなさい」と注意するだけでは済まされない、それが今日の交通道路事情で在り、社会通念なのです。

実際に罪の意識も無く、無邪気無心に自転車に乗っていた児童が裁判で「加害者」と判断され、両親が高額な慰謝料の支払いを命じられる判決が下された事も少なくありません。ドライバー、歩行者、自転車通行者を分け隔て無く「公共の道路の通行者」と捉えるフェアな判決と言えますが、実際に自分達家族が加害者の立場となってしまった場合、現実対処に窮して当然です。加えて冒頭で述べた通り、若年層が小型機器を操りながらの片手ハンドル運転が当たり前の昨今です。耳に装着したイヤホンの音楽に夢中になり、赤信号の大通り中央に飛び出したり、歩行者が行き交うスクランブル交差点に突っ込む、あるいは自ら電柱に激突したり転倒している姿、誰もが1度や2度は目にされている光景となっています。

こうした危険極まりない昨今の交通事情を踏まえ、子供が被保険者の自転車保険の存在が注目を集めています。それまでは遠距離自転車通学の子供達限定の感も強かった保険ですが、今日では絶対に必要な保険と言っても過言ではないのかも知れません。